出版書籍

publication

  • topics140: 編著者の1人としての本が出ました 

『読んで効くタウリンのはなし』​
成山堂書店
タウリンのはなし

  • topics126:書籍出版しました

『​水素水で悪玉活性酸素が消える!』​
が現代書林より発売されました。

 

  • topics109:書籍出版しました

『​安保流×太田流 老いない人の健康術
ー「免疫」と「水素」の力で、 死ぬまで元気!』​

が産学社より出版されました。免疫学者の安保徹先生との楽しい対談です。

安保徹×太田成男[著]
四六判・並製・208ページ
定価:1400円+税
発行:2016年 4月 30日
その常識はもう古い!?
最新研究で変わる医学の新常識
ストレス、寿命、がん、認知症、高血圧、
脳梗塞、メタボ、糖尿病、放射線障害…
「免疫学」と「ミトコンドリア学・水素医学」の世界的権威が、
病気知らず・若返りの方法を徹底的に語る。出版社公式ページ:
http://sangakusha.jp/ISBN978-4-7825-3437-3.html

amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/dp/478253437X/

是非、お手に取って読んでみて下さい。

 

  • topics82&86:監修の本が出ました

産学社  「水素美容のひみつ」−監修ーの本が出ました。
紀伊國屋書店新宿本店
紀伊國屋書店梅田本店
丸善丸の内本店
ブックファースト新宿店
ジュンク堂書店大阪本店
ジュンク堂書店難波店
ジュンク堂書店三宮店
福家書店新宿サブナード店  などのお店で熱〜く好評販売中です。

Amazon(kindle版有)でも、好評売上中♧
http://www.amazon.co.jp/dp/4782534159/

「水素美容のひみつ」書籍サイトもご覧下さい♡
150527水素美容2

 

  • topics79: 監修の本が出ました 

PHP  身体のすみずみまで美しく、健康に!「水素水ライフ」のすすめー監修ーが出ました。
141208php

 

 

  • topics76:ウォールター先生の水素のはなし」台湾語版が出版されました 

fumi-taiwan

 

  • topics75:(取材協力)の本が出版されました 

GAKKEN FYTTE特別編集 「水素水でキレイになる!健康になる!」が出版されました。
hydrogenbeauty

  • topics74:監修の本が出版されました

週刊女性2月1日臨時増刊号で「”悪玉活性酸素”を一掃!キレイのみなもと 水素のチカラ」(太田成男監修)が出版されました。
141119chikara

 

  • topics73:書籍出版のお知らせ

小学館から、「水素水とサビない身体:悪玉活性酸素は消せるのか」(1,260円)(太田成男著)が出版されます。 下記のようにAmazonから予約購入ができます。
水素水とサビない身体-悪玉活性酸素は消せるのか-太田成男

sabinaikarada1

早めに注文お願いします。

********************************************************

拙著「体が若くなる技術」暮らし・健康・子育てのベストセラー(アマゾンランキング)100位以内131日間 「ミトコンドリアのちから」科学・テクノロジーのベストセラー(アマゾンランキング)100位以内185日間 となりました。長期間にわたるご愛顧に感謝(2011年8月29日現在)申し上げます。

 

  • topics32「ミトコンドリアのちから」増刷決定(2011.12.17)

2007年に出版した「ミトコンドリアのちから」は初版で、2万部を発行しました。このたび、ほぼ完売されて、増刷することになりました。このような専門性が高い本が2万部も売れることは珍しいそうで、ありがたいことです。
なお、初版では、いくつか間違いがありましたので、2版では訂正される予定です。正誤表

publication

 

  • topics64ウォルター先生の水素のはなし(産学社):増刷決定

この本は、イラストがかわいいコンパクトな本ですが、意外と(失礼)売れ行きが好調となり、インターネット
販売のアマゾンでは、薬サプリメント部門で3位です(2013.2.7)。B5版で53ページの小さな本ですが、意外に水素に関する情報をほとんどカバーしています。水素について知りたい人がこんなにも多かったのかと実感しました。 今までは、アマゾンのインターネット販売で、お届けするのに1〜3週間という取り寄せ期間でしたが、現在は即時配送になったので順位が急上昇したのでしょう。なかなか手に入らないのですが、以下の書店では店頭で販売しているので手に取って読めます(立ち読みで全部読めそう??) 新宿:新宿紀伊国屋本店 神保町:神田本店三省堂 池袋:池袋ジュンク堂、リブロ池袋店、旭屋書店池袋 東京駅:八重洲ブックセンター、丸善東京駅店、丸善日本橋店

130208水素のはなしsss

 

  • topics61一般書 ウォルター先生の水素の話 1月20日発売(太田成男監修)

水素医学については、多くの論文がでていますが、水素について基本的なことを説明した本はありませんでした。こんな学術論文がでているよ、と言っても一般の方にはわかりにくいと思います。この「ウォルター先生の水素の話」は、B5版で、53ページという小さな本ですが、かわいいイラストがたくさんあって、非常にわかりやすく書かれています。私は、今回は執筆ではなく、監修です。発売されるとけっこう人気があって、Amazonでのインターネット販売では品切れで発送までには時間がかかるそうです。簡単に読めるので、お薦めです。

  • ミトコンドリアの新常識

サイエンスZEROで評判の高かったミトコンドリアの新常識。あたらに書籍として再登場です。中味は、テレビ放映後の反響も踏まえて、内容を充実させました。

141117mito-news

 

 

太田成男 著  syoseki1_1
サンマーク出版, 2010.10.15より全国書店にて一斉発売 , 223p. ¥1,470

ミトコンドリアを増やして健康になるってどういうことなのか?自分の体のどこにそんなしくみがあるのか?と疑問に思われたらぜひ読んでみてください。 毎日の生活の中で実行可能なアドバイスが書いてあります。 「ミトコンドリアのちから」と合わせて読むとより納得して解り易くなります。 この本のランキングは久々に100位以内になりました。(Amazon)(2011.8.14) 韓国と台湾でも翻訳出版されました。

webss-kankoku

WebSs-Chn-cover

syoseki1_2

syoseki1_3
最近、内面からの健康・美しさが注目されるようになり、ミトコンドリアとエネルギーが話題になっています。しかし、実体を十分理解しないで、「エネルギーは大切だろう」程度の理解で、ミトコンドリアを語っている書籍が多いのが現状です。この本は、本当の専門家によるミトコンドリアの理解を基盤にしていることが特徴です。 活性酸素という言葉は一般化し、生活習慣病や老化の主なる原因であることが理解されるようになってきました。しかし、活性酸素は何故生じるのかを書いてある書籍はほとんどありません。活性酸素は酸素と電子が結合したものであること、活性酸素を生じる原因を明らかにしたことが特徴です。活性酸素が発生しないようにするにはどうしたらよいかを明らかにした上で、どのような生活が大切かを論じているところに特徴があると言えます。 この本は、著者のひとりよがりの「仮説」に基づいた本ではありません。学術的根拠に基づいた内容の本です。

 

  • ここまでわかったミトコンドリア研究の新展開

「医学のあゆみ」の月刊誌として出版しましたが、ミトコンドリア人気のためか、売り切れてしまい、増刊号として再出版されました。巻頭の座談会は、ミトコンドリア医学を切りひらいた仲間との苦労話などの四方山話。「ミトコンドリア研究を続けてよかった」というのが、共通した実感です。

 

  • 「ミトコンドリアのちから」
瀬名秀明/太田成男 著
syoseki3_1

新潮社, 2007.8.25より全国書店にて一斉発売 , 426p. メタボリック症候群にダイエット、老化やがん、認知症にも関わる細胞小器官ミトコンドリア。だが、その真の姿は以外に知られていない。そして難病ミトコンドリア病についても・・・。 作家で屈指のサイエンス・ライター瀬名秀明と、ミトコンドリア研究の太田成男教授がタッグを組んで生命進化の謎とミトコンドリアの真実に迫る決定版入門書。 「ミトコンドリアと生きる」改題。

syoseki3_2

正 誤 表

該当頁
35頁7行 340グラムあたり7.3カロリー 507グラムあたり7.3キロカロリー
86頁1行 図2-1 図2-3
156頁8行 雄を再びNマウスの雌と 雌を再びNマウスの雄と
156頁11行 雄を再びNマウスの雌と 雌を再びNマウスの雄と
176頁3行、177頁1行 エフイレム エフレイム
185頁15行 120ページ図3-3 118ページ図3-3
277頁6行 クレーマー クレマー
339頁3行 髪の毛を燃やすと 肉や卵を燃やすと
402頁6行 体長50メートルを超すクジラ 体長25メートルを超すクジラ

ミトコンドリアを理解したいなら、この本一冊でOK。読み応えがありすぎですので、わからないところがあっても、飛ばしながら読んでください。

 

  • 「ミトコンドリアと生きる」
瀬名秀明/太田成男 著
syoseki5_1
角川書店, 2000.12 , 221p. — (角川oneテーマ21 ; C-2)
「パラサイト・イヴ」が現役科学者=瀬名秀明の著した初めての本格サイエンス・ホラー小説であったのに対して、 本書は作家となった瀬名がミトコンドリア学者、太田成男と共に初めて世に問う科学書である。 パラサイト・イヴにおいて、瀬名は細胞の中の「ただの袋」、ミトコンドリアに超常的な力を持たせた。 ミトコンドリアが意志を持ち、我々を支配するという奇抜なストーリーだ。 それはお話の中でのこと、と気楽に構えていたのだが、事実は小説より奇なり。 我々は本当にミトコンドリアに「支配」されているかもしれない、との思いを読者に抱かせるほど意外な発見が続いている。 そうした最新の科学的事実を満載したのがこの本だ。一つだけ紹介しよう。  ミトコンドリアの酵素SODの強弱が、我々の寿命を決める一因だという発見。 SODただ一つを操作することで、寿命がぐんと延びるのである。 怪しげな似非サイエンス本ばかりが幅を利かせベストセラーとなる昨今、本書のような本物の科学書の成功を心から祈らずにはいられない。 (角川書店、571円)(山元大輔・早稲田大学教授)

ミトコンドリアの謎に挑む本。