Monthly Archives: 6月 2016

腸内細菌が発生する水素よりも水素水を飲む方が効果的


 水素水を飲む効果について、様々な観点から議論がされています。その中で、水素水として摂取できる水素の量よりも、腸内細菌が発生する水素量の方が多いのだから、水素水を飲んでも効果は期待できないのではないかという疑問が出されています。もちろん、水素医学の研究を始めたときから着目した問題点であり、水素医学の研究者は、この点についても検討を重ねています。

 まず、水素水を飲むと水素は胃に入ります。胃からはグレリンというホルモンが分泌され、脳神経保護に働くことが知られています。水素水を飲むと、胃の水素濃度が高くなり、胃からグレリンが分泌されることが発見されました。このグレリンは血流にのって脳へ到達し、脳を護るということになります。この場合は、腸内細菌から発生される水素はあまり関係ないと考えられます。
 この研究は、千葉大学・九州大学の共同研究で、Nature出版社から論文が発表され、九州大学からプレスリリースされています。このプレスリリースでは、「腸管内での細菌由来の産生を増大させても効果がないというこれまでの報告にも矛盾しない結果が得られました」と述べられています。
http://www.phar.kyushu-u.ac.jp/bbs/view1.php?S_Publ_Year=&word=&page=&B_Code=184
http://www.nature.com/srep/2013/131120/srep03273/full/srep03273.html

 もう一つの重要な研究は名古屋大学で行われました。論文のタイトルは、「 Drinking hydrogen water and intermittent hydrogen gas exposure, but not lactulose or continuous hydrogen gas exposure, prevent 6-hydorxydopamine-induced Parkinson’s disease in rats」(水素水の飲用と断続した水素ガスの吸入はラットのパーキンソン病を抑制するが、lactuloseや継続した水素ガスの吸入では効果がない)です。
lactuloseは、私たちの消化酵素では分解できない糖で、分解されずに大腸へ到達しますので、腸内細菌の「餌」になります。そのため、lactuloseを飲むと腸内細菌が増殖し、この腸内細菌が水素を発生させます。この研究では、ラットだけでなく、28人の健常人と37人のパーキンソン病患者に対する水素水と腸内細菌の水素も調べています。
 この研究では、体内の全体の水素量よりも、水素濃度の変化が大切だと結論しています。そのため、水素水の飲用は腸内細菌から発生する水素よりも効果的なのです。

 また、腸内細菌を遺伝子操作で水素をつくれないようにして、腸内細菌から発生させる水素と飲用した水素の効果を調べた研究があります。腸内細菌から発せられる水素は炎症を抑制する効果が確かにありました。しかし、水素水を飲ませた方が、炎症を抑制する効果は強かったのです。
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006291X09011619

 このように腸内細菌が発生する水素にも効果がありますが、水素水を飲んだ方が効果的である事が証明されているのです。


動物実験では、プラセボ効果と確証バイアスはありません。


 水素水の効果は、「気のせい」ではないかという議論があります。人間は、「よいものだ」と思うと何でもないものでは、実際に効果がでてくることがあり、病気も治ってしまうことさえあるのです。「水素水がいいですよ」と言われて飲んでみると、水素が全く入っていなくても気のせいでよくなることもあり得るのです。プラセボは、偽薬のことです。また、自分だけでなく多くの人がいいと言うと、互いによいと確信してしまうこともあります。
 プラセボ効果や確証バイアスではないことを示すには、二重盲検試験を行います。二重盲検は、患者さんも医師も家族も、本物の水素水か、水素がはいっていない水かを知らないようにして効果を調べるのです。水素水の臨床試験では、二重盲検試験はまだ半数くらいですが、着実に進んでいます。
「水素医学に関する臨床論文の発表:こんなに進んでいる臨床試験」をご覧下さい。
 ところで、プラセボ効果や確証バイアス効果ではないことを証明するのに動物実験があります。一般には、動物実験から二重盲検でない臨床試験、二重盲検試験へと進むのですが、逆の事もあります。
 最近の抗加齢医学会では、おもしろい研究発表がありました。
 高血圧の患者さんの何人かから「水素水を飲んでいると血圧が下がった」と医師が言われたそうです。「気のせいではないか?」「プラセボ効果ではないか?」と思ったのですが、何人も言うので「では、動物実験で調べてみよう」と、高血圧マウスを作り出し、水素ガスを吸わせたというのです。すると、確かに高血圧マウスの血圧が下がったのです。この動物実験から「高血圧の患者さんの血圧が水素水で下がったのは、プラセボ効果ではない」と結論しました。
 動物には「気のせい」ということがないので、確実な結果が出せるのです。一般に、プラセボ効果や確証バイアスが問題になるのは、動物実験などの基礎実験がなく、ただ単に「食べてみよう、飲ませてみよう」という研究なのです。水素医学の研究は、しっかりした基礎研究を基盤にして臨床試験にはいっています。水素の効果については、プラセボ効果や確証バイアスのことは、あまり問題にする必要はないと、基礎研究者の立場からは思っています。


食品が医薬品よりも効果効能があったら、どうなる?:食薬区分の話


現在の日本のシステムでは、病人と健康人に区分されています。健康人というよりも、正確には、「疾病に羅患していない人」(機能性表示における定義)です。そうすると、疲労困憊の人も健康な人ですし、ストレスを抱えた人も、便秘がちの人も健康な人ですし、肌荒れの人も健康な人となります。また、二日酔いでは健康な状態とは言えないけれど、健康人です。また、糖尿病予備軍(境界型糖尿病)や軽度認知障害(軽度認知症)、メタボ(メタボリック症候群)、高血圧前状態の人は、健康な人に分類されたり、病人として医師が対応したりします。
 病気の人に対しては医師が、効果効能が明確に認められた医薬品を使って治療することになります。一方、健康人の不調に対しては個人の判断で食品、運動や休息で対応することになります。最近は、特保(特定保健用食品)や機能性表示食品という分類ができてきて、効果効能は言えないけれど、それなりの示唆することが言えることになりました。これを薬食区分といいます。この区分では、食品は医薬品よりも効果効能がないことが前提となっています。現在の水素(H2)の位置づけは、医薬品でも健康食品でもなく食品の範疇です。
 しかし、現在までの動物実験の結果や臨床試験のパイロット研究、私が知っている未発表の研究結果から判断すると、水素は、水素ガス、水素水、水素点滴液は、従来の医薬品よりも効果効能が顕著であると思わざるをえないのです。
 薬食区分では、「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質」という区分もあります。しかし、同時に「一般人の間に存在する医薬品及び食品に対する概念を崩壊させ、医薬品の正しい使用が損われ、ひいては、医薬品に対する不信感を生じさせる」という懸念も表明されています。
 某新聞社のonlineニュースには、「太田氏は『健康食品としての水素水』の議論に『病人の治療に有効』という主張を持ち込むという誤りを犯した。」と私を非難する記事がでています。私はこのようなことを主張しているわけではないと思っていますが、非常に興味深い内容です。というのは、食品である水素水が病人の治療に有効という科学的なエビデンスが未発表データではすでに手元にありますし、さらに出てくるだろうと予測しているからです。
 ついでに言えば、効果効能がいくら顕著であっても医薬品として認可されるわけではありません。製薬会社が巨額の費用を負担して申請しない限り医薬品(保険薬)として認可される訳ではないのです。水素は独占できないのですから、製薬会社が医薬品として開発する見込みはほとんどありません。
 水素という食品の範疇のものが、病人の治療に有効であるということが科学的に証明されたとき、つまり現在の区分や前提を覆したとき、どのようなことが生じるか早めに対応を考えなければならないな、と真剣に考えているこの頃です。


水素の安全性は決着済!


 水素(H2)の安全性については、1995年に厚生労働省が、水素を安全な既存食品添加物として承認しています。当時は192番でしたが、現在は168番です。つまり、20年間で、一度承認された192品目で24品目が安全性の問題で脱落していますが、水素はちゃんと残っています。厚生労働省は、食品添加物の安全性について食品安全委員会による評価を受け、人の健康を損なうおそれのない場合に限って、成分の規格や、使用の基準を定めたうえで、使用を認めています。水素に関しては、とくに成分の規格や、使用の基準を定められていません。
 また、米国のFDA(食品医薬品局)でもGRAS(generally recognized as safe=一般に安全と認識される)として承認しています。また、水素はガスとして体外にでますので、過剰摂取はできません。安全性の問題は決着済です。
 水素研究は伸び代(のびしろ)が大きい発展途上の研究ですが、すべてが発展途上というわけではなく、安全性については決着済です。さらに、病気のモデル動物の治療効果と予防効果についても決着済と言ってもいいと思います。また、臨床試験のパイロット研究では、動物実験の結果をよく再現しています。これからの臨床試験の結果が次々と発表されます。大変楽しみです。


風邪をひく前に風邪薬を飲む人はいない?:対症療法と原因治療


 「風邪をひく前に風邪薬を飲む人はいない」と言っている人がいます。たしかに、熱が出る前に解熱薬は飲みませんし、咳が出る前に咳止め薬は飲みません。これらの薬はとりあえずの症状を鎮めるので症状が出る前には飲まないのが当然です。これは対症療法だからです。つまり、一般的に対症療法では、病気になる前に、でるかもしれない症状に対応する薬を飲むことは普通ありません。別の言い方をするなら、対症療法では予防効果は期待できないということになります。
 ところが、インフルエンザの薬としてオセルタミビルリン酸塩(製品名タミフル)が登場しました。これは、原因となるインフルエンザウイルスの増殖を抑制する薬です。これは、原因療法の薬です。この薬は、インフルエンザの治療薬に認可されているだけでなく、インフルエンザの予防としても処方可能です。つまり、風邪をひく前に風邪薬を飲むということです。
 対症療法薬には予防効果はない。しかし原因療法の薬は治療効果だけでなく、予防効果も期待できるということです。私が目指している水素医学は病気の治療とともに病気の予防を目的としています。今日本の医療費を抑えるためには、予防がなりより大切です。多くの病気の予防に水素が使えるようになったら、すばらしい事です。また、救急医療では水素ガスの吸引、慢性疾患の予防には水素水の飲用と使い分けることが有効であると考えています。


「体験談による部分が多い」ではなく、「体験談の部分もある」


最近、水素水の話題がマスコミでとりあげられる頻度が高くなりました。先週も週刊誌から取材をうけ、取材をうけた後に原稿を事前に見せてほしいと言うと、時間的に間に合わないので事前の原稿checkなしと言われてしまいました。事前に原稿を見せてくれないなら取材に応じないというのが私の基本スタンスですが、今回はうっかりしてしまいました。
その結果、今回の週刊誌の記事(6月6日発売)では、私の取材の話で誤解が生じたところがいくつかありました。

著書の『水素水とサビない身体』(小学館)には、シミやシワにも効果があると書いてありますが?
「ありますよ。ただ、これらはヒトに対して効果があったと書いているわけではなくて・・・。出版社が(勝手に)やったことです。」(168ページ)

この部分は、誤解が大きいです。実際には書籍には以下のように前書きされて、別の方がレポートされています。
「化粧品については、さすがに私はまったく知識がないので、ノンフィクションライターの方(書籍では実名)が取材した次の文章を紹介します。」(水素水とサビない身体23ページ)
そして、『水素水とサビない身体』では、そのレポートとして延べ3万人以上のエステの結果をまとめて紹介しています。もちろん、エステですから、ヒトに対する効果のレポートです。この3万人の結果は学術論文ではなく、体験談のひとつかもしれませんが、考慮にいれるべき結果だと思っています。
「実態として、『水素水の効能』とは、まだ個人の体験談による部分が多い—それが水素水の生みの親の証言だった」と例の週刊誌には書かれていますが(同168ページ)、私の真意は、『体験談による部分もある』ということです。
「体験談やいろいろな人から話を聞いて、これはひっくり返らないだろうと信じています。」と週刊誌には書かれていますが、私は研究者ですから、体験談ではなく、学術的な研究成果を基に「ひっくり返らない」と確信しています。
私が話をするときには、学術的な結果なのか、論文として発表された結果なのか、聞いた話なのかを区別するようにしているつもりですが、なかなか伝えるのが難しいです。
細かいことを言えば、「水素に関して言えば、論文発表から9年目で、基礎研究から動物実験の段階を経て、臨床試験を行っている。」は、9年目ではじめて臨床試験をはじめたわけではなく、「9年目くらいで大規模臨床試験がはじまった」という意味です。