一般書 ウォルター先生の水素の話 1月20日発売(太田成男監修)

By | 2013年1月28日

topics61

水素医学については、多くの論文がでていますが、水素について基本的なことを説明した本はありませんでした。こんな学術論文がでているよ、と言っても一般の方にはわかりにくいと思います。この「ウォルター先生の水素の話」は、B5版で、53ページという小さな本ですが、かわいいイラストがたくさんあって、非常にわかりやすく書かれています。私は、今回は執筆ではなく、監修です。発売されるとけっこう人気があって、Amazonでのインターネット販売では品切れで発送までには時間がかかるそうです。簡単に読めるので、お薦めです。