Monthly Archives: 11月 2012

週刊文春(11月8日発売)で、水素の紹介: 信頼できる学術研究


topics57

10月11日号の週刊文春で、水素をとりあげたら編集部に問い合わせの電話が殺到し、水素水販売関係各社もうれしい悲鳴で対応不能の状況が生じたそうです。そこで、週刊文春では、もう少し学術的側面からのレポートをするとのこと。11月8日発売号に掲載(予定)される学術面について、発表論文と学会発表を紹介します。いずれも優れた論文や学会発表で公表しており、信頼できる結果です。
(1)水素に関する最初の論文(培養細胞とラット)日本医科大学
Hydrogen acts as a therapeutic antioxidant by selectively reducing cytotoxic oxygen radicals. Ohsawa  I, Ishikawa M, Takahashi K, Watanabe M, Nishimaki K, Yamagata K, Katsura K.-I, (…), Ohta S, Nature Medicine. 2007;13 (6):688-694.

(2)心肺停止蘇生後の脳と心臓の障害の軽減の論文(ラット)慶応義塾大学
Inhalation of hydrogen gas improves neurologic and cardiac outcome in a rat model of cardiac arrest with ventricular fibrillation. Hayashida  K, Sano M, Kamimura N, Yokota T, Ohta S, Fukuda K, and Hori S. J. Am. Heart. Assoc. (2012)

(3)脳梗塞治療(患者)西島病院
A basic study on molecular hydrogen (H2) inhalation in acute cerebral ischemia patients for safety check with physiological parameters and measurement of blood H2 level. Ono H, Nishijima Y, Adachi N, Sakamoto M, Kudo Y, Kaneko K, Nakao  A, and Imaoka T, Medical Gas Research 2012, 2:21.
Improved brain MRI indices in the acute brain stem infarct sites treated with hydroxyl radical scavengers, Edaravone and hydrogen, as compared to Edaravone alone. A non-controlled study.Ono H, Nishijima Y, Adachi N, Tachibana S, Chitoku S, Mukaihara S, Sakamoto M, Kudo Y, Nakazawa J, Kaneko K, Nawashiro H, Medical Gas Research 2011, 1:12 (7 June 2011).

(4)リウマチ治療(患者)原土井病院
Consumption of water containing a high concentration of molecular hydrogen reduces oxidative stress and disease activity in patients with rheumatoid arthritis: an open-label pilot study. Ishibashi T, Sato B, Rikitake M, Seo T, Kurokawa R, Hara Y, Naritomi Y, Hara H, and Nagao T, Medical Gas Research 2012, 2:27.

(5)歯周炎抑制効果(ラット)岡山大学
Hydrogen-rich water attenuates experimental periodontitis in a rat model.
Kasuyama K, Tomofuji T, Ekuni D, Tamaki N, Azuma T, Irie K, Endo Y, Morita M, 2011;Journal of Clinical Periodontology 38 (12):1085-1090.

(6)パーキンソン病の治療効果(患者・二重盲検試験)順天堂大学
第6回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス(2012.10.11-13)

(7)水素水による疲労予防効果(健常人)筑波大学
Pilot study: Effects of drinking hydrogen-rich water on muscle fatigue caused by acute exercise in elite athletes. Aoki K, Nakao A, Adachi T Matsui Y, Miyakawa S, Medical Gas Research 2012, 2:12 (20 April 2012)

(8)水素入浴による血流増加効果(健常人)国際医療福祉大学
日本未病システム学会(2012.10.27-28)
温泉物理医学会 2012.6.8-9 発表
http://onki2012.umin.ne.jp/program.html

#22図121108-1結果Ⅲ大腿部血流

発汗量

(9)水素入浴による抗がん剤治療の副作用軽減効果(患者)e-クリニック
日本未病システム学会(2012.10.27-28)
http://www.medisuppli.com/is-pm%20060212.pdf#search=’水素+入浴’
参考文献(マウス)
Molecular hydrogen alleviates nephrotoxicityinduced by an anti-cancer drug cisplatin without compromising anti-tumor activity in mice. Nakashima-Kamimura N, Mori T, Ohsawa I, Asoh S, Ohta S, 2009. Cancer Chemotherapy and Pharmacology 64 (4): 753-761.

(10)肥満マウスの肥満抑制・血糖値低下・中性脂肪低下・インスリン低下の研究(マウス)日本医科大学
Molecular hydrogen improves obesity and diabetes by inducing hepatic FGF21 and stimulating energy metabolism in db/db mice.Kamimura N, Nishimaki K, Ohsawa I, Ohta S, 2011.Obesity19 (7):1396-1403.  Nature出版社

(11)認知機能低下抑制効果(マウス) 日本医科大学
Consumption of molecular hydrogen prevents the stress-induced impairments in hippocampus-dependent learning tasks during chronic physical restraint in mice. Nagata K, Nakashima-Kamimura N, Mikami T, Ohsawa I, Ohta S,2009. Neuropsychopharmacology34(2):501-508.  Nature出版社


このブログについての論点


topics56

このブログは、個人的な意見の表明のために開設しました。このブログの読者の方々は、主に科学的な知識を求めてアクセスされているのだと思います。しかし、いろいろな事項をひとつのブログに記載しているため、(1)科学的に確かなこと、(2)学術論文はあるけれど、さらに科学的な立証が必要なもの、(3)ある程度確からしいと科学的な根拠をもとにして判断したもの、(4)専門家としてではなく個人の体験によって感じた事、などが混在しています。すべて科学的に確実なものとして読まれると誤解を生じてしまいます。是非、ご了承ください。わかりやすくと正確に、を両立させるのは難しいことですが、断り書きを加えるなどして、少しずつこの点については整理していこうと思います。
もうひとつの問題は、商品の推奨についてです。表紙のページ(左側)に明記していますように、私の研究とは無関係なのに関係があるかのような誤解を促す非科学的便乗商品がかなり存在します。たいへん残念なことです。その解消法として消費者の人たちから、お勧めの商品を教えてほしいという強い要望が多かったので、すぐにアクセスできるように記載してきました。個人としてのブログであっても、特定の商品を推奨するのは、いかがなものかという意見もありましたので、私が推奨する商品を知りたい方は、お手間ですが、リスト右下の問い合わせからメールで「個人的」にお問い合わせください。どこまで、答えられるか現段階ではわかりませんが、努力してみます。ただし、問い合わせが特別多くなり対応ができなくなりそうな場合は、水素含有量や発生量を直接確認した複数の商品を時間限定で紹介することにします。