Author Archives: Shigeo

水素のダイエット効果についての論文発表


 最近、水素のダイエット効果についての論文が発表された(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28560519)。
対象者は、平均年齢56歳、BMIは平均29(肥満度1に対応)のやや肥満のヨーロッパ人の女性10人。5人は水素を4週間摂取して2週間休みプラセボを4週間摂取。一方、別の5人はプラセボを4週間摂取して2週間休み、水素を4週間摂取したもの。この2つの群を比較する二重盲検のクロスオーバー臨床試験である。残念なことに水素摂取法については特許の関係か、詳細は明らかにされていない。
結果は、体脂肪率が水素によって1%減少し、二の腕周りが2.2%細くなった。また、血液中の中性脂肪が減少し、絶食時のインスリン量が低下していた。血液中の乳酸量も低下していたので、ミトコンドリアにおける脂質代謝が亢進していると考えられた。これらの結果は、被験者が全部で10人の少人数であるにもかかわらず、統計的に有意な差が認められたことは水素による大きな変化を示したことを意味する。
体重は、水素摂取によって平均1kg減少し、BMIが0.4低下し、ウエストヒップ率は、2%減少した。しかし、統計的に有意な差ではなかった。なお、以前の研究で、メタボ予備群において血液コレステロール濃度が統計的に有意に減少した臨床試験では、被験者は10週間水素水を摂取していた。ダイエット効果が十分に発揮されるには、4週間では短すぎるのかもしれない。


腸内細菌の乳酸菌やビフィズス菌は、水素(H2)を作らない


 最近、腸内細菌の役割が明らかにされ、乳酸菌やビフィズス菌(ビフィズス菌も乳酸菌の一つ)の健康効果が期待されている。また、一方、腸内細菌が水素(H2)を作るという話題もある。
 じつは、全ての腸内細菌が水素を作り出す訳ではなく、乳酸菌やビフィズス菌は水素をつくりだすことはできない。つまり、腸内の乳酸菌やビフィズス菌を増やしたからといって、体内の水素濃度を高くできるわけでない。
 水素を作り出す菌の種類は、Clostridium属、Eubacterium属、Clostridium属、Bacteroides属、Fusobacterium属などのいわゆる悪玉菌である。また、多くはないが日和見菌の大腸菌も水素をつくりだす。
 Clostridium属には、ボツリヌス菌、破傷風菌、ウェルシュ菌、ガス壊疽菌など、病原性のある菌が含まれる。Fusobacterium属やBacteroides属の菌は歯周病の原因であり、また、局所的な皮膚潰瘍等の人間の病気に関わっている。Eubacterium属、は、細菌性膣炎の原因菌である。これらの菌が水素を作り出すと同時に有害な物資も放出している。
 このような状況を考えると、腸内細菌が水素を作り出すことに手放しで歓迎する訳にはいかない。
 一方、以前、あるテレビ番組で、「腸内の水素は悪影響を及ぼす」という話をされた学者の方がおいででしたが「悪玉菌は水素をつくる。だから、水素は身体に悪い」のではなく、「悪玉菌は身体に悪い。悪玉菌は水素をつくるので、水素を検出することによって悪玉菌の増加率がわかる」ということです。
 それぞれの関係を正しく理解する事が大切です。


水素水は魚へも効果的


 今まで、水素(および水素水)の効果についての研究は、多くの動物と人間を対象に進められてきました。線虫、マウス、モルモット、ラット、イヌ、ブタ、ウマ、ヒトに対する多彩な効果が論文発表されてきました。
最近、魚へも水素水の効果があることが報告されました。
Impact of molecular hydrogen treatments on the innate immune activity and survival of zebrafish (Danio rerio) challenged with Aeromonas hydrophila. Hu Z, Wu B, Meng F, Zhou Z, Lu H, Zhao H. Fish Shellfish Immunol. 2017 Aug;67:554-560.(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28630014
使った魚は、ゼブラフィッシュ。この魚は5 cmくらいの大きさで遺伝子の解析がすすんでいるので、研究によく使われています。
わずか0.016 ppmの水素濃度の水の中で飼育すると、自然免疫力が高まり、細菌感染に対して耐性が獲得され、細菌に感染しても寿命が長くなるとのことです。
魚にも効果があることが示され、水素は広く高等生物に効果的であることが理解されます。


論文発表10周年記念カンファレンス


 水素医学は、私たちが2007年にNature Medicineに論文を発表したことから本格的に始まったのは自他共に認めることです。
 この10年間に学術論文は500報にもおよびます。水素の体内への摂取法としては、水素水の飲用、水素点滴液の注入、水素ガスの吸入、水素点眼、水素入浴、水素化粧品と多彩な方法が使われています。動物実験だけでなく、例外的に速いスピードで多くの臨床試験がなされているのが、特徴だと言えます。水素ガスの吸入治療は、2016年11月に厚生労働省の先進医療Bに承認され、医療ガスへの承認に向かって実際の治療に使われています。発表当時の予想をはるかに上回る効果が確認されています。
 このNature Medicine論文発表10周年を記念して、国際的カンファレンスが今年(2017年)の9月15日に開催されることになりました。日本、中国、韓国、台湾、米国、ドイツ、スロバキア、ハンガリーから研究者が参加し、研究成果を発表し合います。また、産業界からも多くの方が参加されます。このカンファレンスによって、いっそう国際的な交流が活発になることが期待されます。
 日本発の研究分野なのですが、日本ではなく中国の広州で開催されることになりました。一般的なことですが、中国(地方)政府要人も参加されるとのこと。科学には国境がないので、どこで開催してもさしつかえないのですが、少し残念な日本の状況です。


水素水は、野菜・果物の劣化を抑制する


最近は、水素は、動物だけでなく、野菜や穀物への効果も次々報告されています。
本日(2017年7月28日)の日刊工業新聞で、興味深い報道がありました。
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00431875
大阪府立大学大学院生命環境科学研究科の和田光生講師らが、野菜や果物を水素水に浸けることで低温障害が抑制されることを発見したという報道です。
同グループはバナナやナスを水素水に浸漬した後に自然乾燥し、冷蔵保存し、これを純水に浸漬したものと比較したとのこと。その結果、水素水に浸漬した果肉は、軟化が抑制されたほか、変色やくぼみなども少なく、品質劣化が抑えられたとの結果が認められました。
今後、野菜や果物の品質を維持することで、農家の出荷、物流、流通店舗での管理などで、様々な貢献をすると期待されます。
野菜や果物に対しても水素水に効果があるということは、高等生物一般に効果があると考えるのが自然でしょう。

なお、なかなか時間がとれなくて、このブログは休業状態でしたが、再開することにします。


すでに公表された一般の方を対象として水素の効果


 水素水の市販の商品としては、「病気の治療」のためではなく、一般の消費者に対して、水素はどのような効果があるのか?という問題が取り上げられるようになってきました。
 そこで、一般の消費者にとって、水素水の効果が「あるのか」「ないのか」を明確にするために、ここでは、一般の方に対する水素水の効果のデータを紹介し、簡単に内容を捕捉します。このように、病気の治療だけでなく、日常の生活改善や予防効果があることが推測されます。

(1) 水素水を飲むことによってスポーツマンの運動後に乳酸の上昇が抑制され、筋肉疲労が低下していた(筑波大学のスポーツ科学の論文)。
(2) 水素入浴によって、運動後の筋肉痛が軽減した(早稲田大学のスポーツ科学の論文)
(3) 水素水を飲むことによって、日常的な疲労が改善した(大阪市立大学と理化学研究所のデータ)
(4) 水素水を飲むことによって、脂質代謝異常の傾向がある人の悪玉コレステロールが低下した(中国の山東大学の論文)。これは動脈硬化の抑制につながることを示唆します。
(5) 水素水をボランティアが飲むことによって、血流依存性血管拡張反応が上昇した(血流の増加)。これも動脈硬化の抑制につながることを示唆します(福岡県原土井病院の論文)。
(6) 6人の糖尿病発症前状態が改善した(統計的解析はおこなわれていませんが、6人全員が改善したという結果です)(京都府立医科大学の論文)
(7) 水素水を飲用することによって歯周病が改善した(岡山大学の論文)(歯周病は一般的になっていますので、一般の人に含めました)。

 健康ということに関しては、40歳〜50歳の年齢に達すると、常にどこも完全に正常という人を見つけるのが難しいくらいでしょう。病気以外でもストレス、運動や疲労などの負荷がかかった場合は、「異常がある時」になると思います。また、二日酔いの時は、異常がある時になると思います。1年365日全て健康という状態は理想的ですが、現実には難しいと思います。
 健康と病気の境界は、くっきりと分かれているのではなく、連続的なものですから、「健康な人への効果」にこだわる必要はないと、私は思っています。

 詳しくは、以下の拙著をご覧下さい(宣伝でスミマセン)。
「ここまでわかった水素水:最新Q&A:(続)水素水とサビない身体」:(小学館)太田成男著


すでに論文発表された水素の臨床試験結果


 最近、水素(または水素水)に関して「効果がない」と強調する人が見受けられるようになりました。水素の効果に関する研究は着実に進められて、様々な方面から、かなりの研究成果がすでに発表されています。
 以前(2016.3.10)にも、水素の臨床試験の結果を報告していますが、あらためて最新報告をさせていただきます。DBと記載されているのは、二重盲検テストの結果です。

(1) 虚血再灌流関係(急性疾患)
  脳虚血(腹腔注射)(人数38)
心肺停止蘇生 (水素ガス)(人数5人:統計解析なし)
(2) 炎症抑制関係
 炎症性またはミトコンドリア性筋症(水素水)(人数31)DBを含む
 関節リウマチ(水素水)(人数20)
 関節リウマチ(関節注射)(人数24)DB
 歯周病(水素水)(人数13人)DB
 運動後の筋肉痛(水素入浴)(人数20人)DB
(3) 脳神経変性病関係
 パーキンソン病(水素水)(人数17)DB
(4) メタボおよび代謝関連
 2型糖尿病と境界型糖尿病(水素水)(人数30)DBを含む
 メタボリックシンドローム(水素水)(人数20)
 脂質代謝異常(水素水)(人数20)
 脂質代謝異常(水素水)(人数68)DB
 静脈血流改善(水素水)(人数34)DB
 運動による乳酸血症(水素水)(人数52)DB
 筋肉疲労と血液乳酸(水素水)(人数10)DB
(5) その他
 慢性腎不全(血液透析)(人数29)
 間質性膀胱炎(水素水)(人数30)DB(自覚症状のみの効果)
 放射線治療の副作用軽減(水素水)(人数49)DBらしい
 圧力皮膚潰瘍(床ずれ)(水素水)(人数22)
紫外線による皮膚障害(水素ガス)(人数28)
 慢性B型肝炎(水素水)(人数60)DB (酸化ストレス軽減効果のみ)
 運動による筋障害(サプリメント)(人数36)(統計的有意差なし)
 シワ、肌のつやなど(水素入浴)(人数6人)(統計解析なし)
 
 詳しくは、以下の拙著をご覧下さい(宣伝でスミマセン)。
「ここまでわかった水素水:最新Q&A:(続)水素水とサビない身体」:(小学館)太田成男著


「ここまでわかった水素水最新Q&A」(太田成男著)が出版されます。


 最近、水素水に対しての否定的な意見が見られます。
 様々な疑問や否定的な意見の中には、科学の知識がないために生じたものもありますし、なにがなんでもアンチ水素水という立場の人もいます。
 しかし、まじめに考えて「水素水に効果があるとは、どういうことだろう」と率直に疑問を感じる人も多いのです。
 この本では、「水素水の疑問にすべて答えます」というスタンスで執筆しました。
 水素水に対しては、是非この本を読んで事実に基づいて議論してほしいものです。
 また、この本が、水素水を理解するというだけでなく、超高齢社会の問題点を考える契機になっていただければ幸甚です。

本体1,200円 小学館(2017/03/01発売予定)
https://www.shogakukan.co.jp/books/volume/45459
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093885218


正統な科学では、正しい測定が大切


 2016年12月15日に国民生活センターが公表したデータについて、複数の企業からクレームがあったことが、公表されました(2017年1月20日)。水素水は、正統な科学に基づく製品のはずですから、水素濃度の測定は決定的に大切です。もしも、間違った値を公の機関が公表したのでしたら、問題は大きいと思います。
 科学は、白黒がつくのが特徴ですので、是非白黒つけて、どちらの言い分が正しいのか、決着をつけてほしいものです。ただし、12月24日に私のブログでもすでに明記したように、国民生活センターの測定方法は、デンマーク製の水素電極とガスクロマトグラフィーを併用したもので、私たちが研究に用いている装置と方法は基本的に同じです。
 このデンマーク製の水素電極は1式で100万円を超えますが、私に相談にきた会社には、この測定装置を購入するように勧めています。「100万円以上もする装置はとても高価なので買えない」という会社には、「水素事業はやめたほうがいいですね」と助言しています(なお、この水素電極の会社からはリベートはいただいていませんので、念のため)。
 また、水素水測定装置といいながら、「溶液中の酸化還元電位(ORP)を検知し、溶存水素濃度として換算」している装置では、正確な水素濃度を測定できないときがあるので、注意が必要です。基本的に原理がまちがった測定機器では正しい濃度結果を得られないときがあるのは当然です。
 なお、容器いりの水素水では、10社製品中商品表記と同じ水素濃度のものは、3社製品で、上位から株式会社メロディアン、株式会社KIYORAきくち、株式会社伊藤園でしたが、この3社は、国民生活センターが使用した測定装置と同じものを使用しています。ちゃんとした会社は、ちゃんと水素濃度も測定しています。


ビールを「ただの水」と言いますか!?—水素水を「ただの水」という方々へ—–


 のどが渇いたときのビールはおいしい。のどが渇いたとき、ビールを水分補給のために飲むことは普通です。でも、ビールを「ただの水」とは言いません。つまり、水分補給のためにビールを飲んだからといって、「ただの水」でないことは明らかです。
 ウーロン茶や麦茶を水分補給のために飲んだからといって、「ただの水」とは言いません。

 2016年12月15日に国民生活センターが発表した水素水関連事業社に対するアンケート調査では、15社(3社は無回答)中、11社が水素水の効果として、「水分補給」と回答したということでした。
 それをもって、「水素水『やっぱりただの水』 国民生活センター調査の唖然」と、水素水を「ただの水」呼ばわりする方々が出てきました。水分補給を目的とするからといって、「ただの水」というのは、論理的にまちがっているのは、すぐわかることだと思います。
 ビールを水分補給のために飲むからといって、「ただの水」ではない。
 水素水を水分補給のために飲むからといって、「ただの水」ではない。

 どうも、今回のアンケートは、公正なアンケートではなかったような印象を私も持つようになりましたが、事業者側が水素水の効果を「水分補給」と回答してはダメでしょう。
 もちろん、水素が全くはいっていないのは、「水素水」ではなく、「ただの水」です。水素が高濃度にとけている水が、水素水です。